「宗教と社会」学会奨励賞の紹介

本学会では、2015年度より「宗教と社会」学会奨励賞を創設しました。授賞対象は機関誌に掲載された論文の内、機関誌が発行される年度の開始時点で原則として満40歳未満の方によって執筆された論文となります。

2019年度より、選考方法を改めました。学会奨励賞の選考は、以下の「選考規定」に示された 方法・基準に即して行われます。

選考規程

〈名称〉本賞の名称は、「宗教と社会」学会奨励賞とする。
〈理念・趣旨〉本賞は、本学会若手会員による宗教と社会をめぐる研究の展開を奨励する目的で設立されたものである。
〈対象〉本賞の選考対象は、学会誌『宗教と社会』掲載の論文とする。具体的には、毎年6月の学術大会時刊行の学会誌に掲載された論文の中から選ぶものとする。
〈対象者の条件〉選考対象者となるのは、設立趣旨に鑑みて、会員の執筆者のうち、機関紙が発行される当該年度開始時点で原則として満40歳未満の者とする。
〈選考委員会〉選考委員会を毎年6月に設置する。学会長と学会誌編集主任に加え、常任委員若干名から構成される。必要に応じ、常任委員以外に委員を委嘱することができる。学会長が選考委員長を務める。
〈選考方法〉毎年6月に刊行された学会誌に掲載された論文のうち、対象者の条件を満たす者による論文すべてについて、討議を行った上で受賞者を決定する。
〈選考基準〉本学会の理念ならびに本賞の設立趣旨に照らし合わせて、主に将来性の観点から総合的に判断する。その上で、選考委員による投票で決定する。同票の場合は、選考委員長が最終決定を行う。該当なしとする場合もある。
〈授賞理由〉選考委員長を中心に、授賞理由を作成する。
〈授賞式〉次年度の学術大会時の総会において授賞式を行い、賞状と副賞を授与する。副賞は、一件につき賞金3万円を限度とする。
〈その他〉授賞後に、対象論文に何らかの不正行為等(データ改竄・二重投稿等)が確認された場合には、遡って授賞を取り消し、賞状・副賞の返還を求める。
〈適用時期〉本規程は、2019年6月8日より有効とする。


過去の受賞論文

    2016年度:該当なし
    2017年度:該当なし
    2018年度:該当なし